日本の行事 年中行事

土用の丑の日

カテゴリ : 7月 (文月),年中行事,風物詩 タグ :

土用の丑の日には、うなぎを食べる習慣があります。

由来は諸説ありますが...江戸時代、知人のうなぎ屋から宣伝を頼まれた平賀源内。最も暑い期間であるこの土用の丑の日に「う」のつく「鰻」を食べると良いという宣伝を考えました。この宣伝によっておかげでうなぎ屋は大繁盛。うなぎを食べてスタミナをつけようという事と、丑の「う」とうなぎの「う」をかけたこの企画があたって長く現在でも続く、風潮になりました。



他に丑の方角の守護神である玄武が黒色の神様なので、黒いモノを食べるという意味合いもあるそうです。この様に丑の日にウナギを食べる風習は江戸時代からですが、万葉集にウナギにまつわる歌があり、古来から日本では夏バテ防止に有効な食材とされていたようです。

ウィキペディア

『ウナギ』より : ウナギ(鰻、うなぎ)とは、ウナギ科(Anguillidae) ウナギ属(Anguilla) に属する魚類の総称である。世界中の熱帯から温帯にかけて分布するニホンウナギ・オオウナギ・ヨーロッパウナギ・アメリカウナギなど18種がある。 フウセンウナギ・デンキウナギ・タウナギなど、外見は細長い体型をしていてウナギに似ているものには、別のグループでもこの名を持つものがある。また、ヤツメウナギ・ヌタウナギは硬骨魚類ですらなく、原始的な無顎魚類(円口類)に分類される。 食用にされ、日本では蒲焼や鰻丼などの調理方法が考案されて、古くから食文化に深い関わりを持つ魚である。漁業・養殖共に広く行われてきたが、近年は国外からの輸入が増えている。 本項目では主に、ウナギの文化的側面について解説する。生物学的側面についてはウナギ科を参照のこと。 泳ぎはさほど上手くなく、遊泳速度は遅い。他の魚と異なり、ヘビのように体を横にくねらせて波打たせることで推進力を得る。このような遊泳方法は蛇行型と呼ばれ、ウツボやハモ、アナゴなどウナギと似た体型の魚に見られる。

Wikipedia

ページ先頭へ