日本の行事 年中行事

お盆

カテゴリ : 7月 (文月),8月 (葉月),年中行事 タグ :

祖先の霊を供養する仏教行事です。
盆期間は7月15日を中心に行われますが、1ヶ月遅れ(8月13~16日)や旧暦で行うなど地方によって異なります。

13日は家庭で盆棚を作って、盆花・初物の果物や野菜・馬や牛を模したキュウリやナスなどを供え、夕方におがらを燃やして霊を招く迎え火をします。家や墓を清め、花や灯明をあげて迎えます。
16日の夕方に、精霊を送る送り火をし霊を送ります。盆棚の供え物を川や海に流します。
お盆の行事は仏教行事ですが、日本古来の収穫祭や水神祭と一体となって受け継がれて宗派を問わない行事となりました。



ウィキペディア

お盆(おぼん)は、夏に行われる日本の祖先の霊を祀る一連の行事。日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事である。 かつては旧暦の7月15日を中心とした期間に行われた。現在では西暦の8月15日を中心とした期間に行われることが多い。 由来 仏教用語の「盂蘭盆会」の省略形として「盆」(一般に「お盆」)と呼ばれる。盆とは文字どおり、本来は霊に対する供物を置く容器を意味するため、供物を供え祀られる精霊の呼称となり、盂蘭盆と混同されて習合したともいう説もある。現在でも精霊をボンサマと呼ぶ地域がある。 中華文化では道教を中心として旧暦の七月を「鬼月」とする慣習がある。旧暦の七月朔日に地獄の蓋が開き、七月十五日の中元節には地獄の蓋が閉じるという考え方は道教の影響を受けていると考えられる。台湾や香港、華南を中心に現在でも中元節は先祖崇拝の行事として盛大に祝われている。 盆の明確な起源は分かっていないが、1年に2度、初春と初秋の満月の日に祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事があった(1年が前半年と後半年の2年になっていた名残との説がある)が、初春のものが祖霊の年神として神格を強調されて正月の祭となり、初秋のものが盂蘭盆と習合して、仏教の行事として行なわれるようになったといわれている。

Wikipedia

ページ先頭へ