日本の行事 年中行事

暑中見舞い

カテゴリ : 7月 (文月) , , 年中行事  タグ :

暑中見舞いは、年賀状のように季節の挨拶状のひとつです。
「暑中見舞い」の「暑中」とは二十四節季の最も暑い頃とされる「大暑」の期間のことで、これが7/20前後の「梅雨明け」から「立秋(8/7)の前日」までにあたります。なのでこの期間に「暑中見舞い」を送ります。

暑中見舞いに書く文章のポイントは、

  1. 暑さの厳しい夏の盛りに相手を見舞い気遣う言葉
  2. 自分の近況や様子を知らせるもの(日頃顔を合わせていない人には、無沙汰を詫びる言葉なども)
  3. 相手の健康を祈る言葉

の3つです。「拝啓」などの頭語や、「敬具」などの結語は必要ありません。



書中見舞いの基本的な書き方
オーソドックスな文例

  1. 1.「暑中お見舞い申し上げます」などの季節の挨拶から書き出します
  2. 2.「暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか」など相手の安否をたずねます
  3. 3.「私は元気で過ごしております」など自身の近況を伝え
  4. 4.「暑いので体に気をつけて下さい」などの相手の無事を祈る言葉を添えます
  5. 5.最後に日付を書いて終わりです

日付は「○年○月」のみや「○年 盛夏」とすることも多いです。
大切な人に暑さをねぎらう暑中見舞いを送ってみてはいかがでしょう?

ウィキペディア

暑中見舞い(しょちゅうみまい)とは、暑中に知人などへ安否を尋ねるために家を訪問したり、手紙を出すこと。または、その手紙や贈り物そのものを指す。関連する残暑見舞い(ざんしょみまい)についても取り扱う。 本来は、1年で最も暑い時期に相手の健康を気遣う趣旨のものであるが、現在は単なる社交辞令となっている面もある。 時期 暑中見舞いの期間の起点については、夏の土用(立秋前の約18日間)とするものや、暑中の期間(小暑から立秋前日の約1か月)とするものがある。また、梅雨明け以降を条件に加えるものもある。 立秋以降に、人を見舞うことや手紙を出すこと、または、その手紙や贈り物のことは残暑見舞いという。残暑見舞いの期間の終点については、特に日付を指定しないものや、遅くとも8月までとするものがある。 その他 日本郵便が、暑中見舞い用のはがきとして「かもめ〜る」を発売している。 脚注 参考文献 『大辞林 第3版』三省堂、2006年 『広辞苑 第6版』岩波書店、2008年 『新明解国語辞典 第6版』三省堂、2005年 関連項目 挨拶 年賀状 マナー 二十四節気 寒中見舞い お中元 はがき作成ソフトウェア 暑中お見舞い申し上げます - キャンディーズの代表曲。

Wikipedia

ページ先頭へ