日本の行事 年中行事

七夕

カテゴリ : 7月 (文月),,年中行事 タグ :

7月7日。「七夕の節句」「七夕祭り」「たなばた」
短冊に願い事を書いて笹竹に吊して、供え物をします。そして翌日に七夕笹を川や海へ流す習わしがあります。
7日の夜に、天の川の両岸で鷲座の彦星と琴座の織姫が1年に1度逢うという伝説があり、それにちなんで裁縫、手芸、琴の上達を祈願したり、豊作を祈願してお供え物をする中国の行事と、日本独自の「形代流し」の習俗と合わさって日本の七夕祭りとなりました。七夕は古来、日本では「しちせき」と呼んでいたようです。



室町時代から七夕には素麺や冷麦が供えられるようになりました。
(地方によっては「ほうとう」「七夕団子」)
なぜ素麺を供えるかというと、この時期は小麦の収穫期なのでその収穫に感謝してという事と、素麺が天の川を連想させるため。また素麺を織姫の紡ぐ織り糸に見立ててという事からきたようです。色の付いた素麺を水に浮かせる風習は手芸の上達を願う5色の意図を意味します。

ウィキペディア

七夕(たなばた、しちせき)は、中国、台湾、日本、韓国、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。五節句の一つにも数えられる。旧暦では7月7日の夜のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)との関連がある年中行事であったが、明治改暦以降、お盆が新暦月遅れの8月15日前後を主に行われるようになったため関連性が薄れた。日本の七夕祭りは、新暦7月7日や月遅れの8月7日、あるいはそれらの前後の時期に開催されている。 古くは、「七夕」を「棚機(たなばた)」や「棚幡」と表記した。これは、そもそも七夕とはお盆行事の一環でもあり、精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったともいう。 元来、中国での行事であったものが奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた言葉である。 そのほか、牽牛織女の二星がそれぞれ耕作および蚕織をつかさどるため、それらにちなんだ種物(たなつもの)・機物(はたつもの)という語が「たなばた」の由来とする江戸期の文献もある。

Wikipedia

ページ先頭へ