日本の行事 年中行事

神無月

カテゴリ : 10月 (神無月)

10月は全国の神様が出雲大社に集まるので、全国の神社から神様がいなくなるということで神無月(かんなづき)といいます。神様が集まるとされる、出雲地方では神有月(かみありづき)とも言われます。



ウィキペディア

『10月』より : 神無月(かんなづき、かみなしづき)は、日本における旧暦10月の異称である。今日では新暦10月の異称としても用いられる。 語源 「神無月」の語源は不詳である。有力な説として、神無月の「無・な」が「の」にあたる連体助詞「な」で「神の月」というものがあり、日本国語大辞典もこの説を採っている(後述)。 出雲大社に全国の神が集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神がいなくなるとという説は、中世以降の後付けで、出雲大社の御師が全国に広めた語源俗解である。高島俊男は、「「かみな月」の意味がわからなくなり、神さまがいないんだろうとこんな字をあてたのである。「大言海」は醸成月(かみなしづき)つまり新酒をつくる月の意だろうと言っている。これも憶測にすぎないが、神さまのいない月よりはマシだろう。」と評している。なお、月名についての語源俗解の例としては、師走(12月)が有名である。 御師の活動がなかった沖縄県においても、旧暦10月にはどの土地でも行事や祭りを行わないため、神のいない月として「飽果十月」と呼ばれる。

Wikipedia

ページ先頭へ