日本の行事 年中行事

豆まき

カテゴリ : 2月 (如月),年中行事 タグ :

節分には神社・寺院や家庭で、災いを象徴する鬼を豆で打って追い払う、豆まきが行われます。
古くは室町時代の京都でも「鬼は外、福は内」という言葉とともに行われていたことが文献に見られます。
民家では節分の晩に大豆を煎り、これを升に入れて神棚に供えたのちに、一家の主などが「鬼は外、福は内」と唱えながら家の出口や各部屋にまいていきます。
恵方(明きの方。年神の訪れる方角)へまくとか、恵方からまきはじめるとも言われています。

まき終わると、それぞれ自分の年齢の数(あるいはそれに一つ加えた数)の豆を食べます。この豆を年豆などといい、これを食べると病気をしないと言われています。

また豆を辻や村境に落としてきて厄落としとする所もあります。また海や山に出掛けるときに持っていくと難にあわないということもあります。



豆まきの作法
一般的な豆まきの作法をご紹介します。

  1. 夕方までに、行った豆を三宝か升に盛って、神棚に供えておく
  2. 午後8~10時頃、玄関・勝手口・縁側・窓など出入り口を全て開け放ち、主人か年男が「鬼は外」と2回大声で唱えながら、外へまめをまく
  3. 「福は内」と2回大声で唱えながら、屋内へ豆をまく
  4. 豆まきが終わったらすぐに戸締りをする。(各出入り口でこれを繰り返す)
  5. 家族そろって年の数だけ豆を食べる。厄年の人は年の数より1つ多く食べる

関連
節分 豆占い 恵方巻 やいかがし

ウィキペディア

『節分』より : 節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。 一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる(後述)。 季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる。 節分の行事は宮中での年中行事であり、『延喜式』では、彩色した土で作成した牛と童子の人形を大内裏の各門に飾っていた。 「土牛童子」ともいわれ、大寒の日の前夜の夜半に立てられ、立春の日の前夜の夜半に撤去された。

Wikipedia

ページ先頭へ