日本の行事 年中行事

バレンタインデー

カテゴリ : 2月 (如月),年中行事 タグ :

2月14日に女性が男性にチョコレートなど贈り物を添えて愛を告白します。
チョコレートを贈るのは日本独自の習慣でこのきっかけとなったのは、昭和11年モロゾフがバレンタインデーの広告を出しました。
そして昭和33年新宿伊勢丹が「バレンタインデーにチョコレートを贈ろう」とキャンペンセールを行い、それからバレンタインデーの広告が毎年出されるようになり、昭和50年頃から定着するようになりました。



ウィキペディア

バレンタインデー(英: Valentine's Day)、または、聖バレンタインデー(せいバレンタインデー、英: St Valentine's Day)は、2月14日に祝われ、世界各地で男女または男男、女女愛の誓いの日とされる。もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日だと、主に西方教会の広がる地域において伝えられていた。 起源 ローマ帝国発祥説 バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼるとされる。 当時、ローマでは、2月14日は女神・ユノの祝日だった。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日であった。当時若い男たちと娘たちは生活が別だった。祭りの前日、娘たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていた。翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていた。

Wikipedia

ページ先頭へ