日本の行事 年中行事

鏡餅

カテゴリ : 1月 (睦月),年中行事,風物詩 タグ :

鏡餅は正月、年神様へのお供えとして飾ります。
年神様(歳神)は正月に家で祭る神で稲作を守ります。
鏡餅は土地土地により呼び名も作り方も風習も様々です。飾る場所は一般に歳神・床の間・仏壇・天神・恵比寿・水神・かまどの神・蔵・荒神・農機具・臼・きね・それに各部屋などとされています。

供えた鏡餅を下げるのは1月11日の鏡開きです。おろした餅は雑煮や雑炊などにして食べますがその際、餅を刃物で切ることを不吉であるとして叩き割ります。




三方(供え物の台)の上に、紙を四方に垂れるように敷きます。その上に裏白と譲り葉を四隅に出し、鏡餅を2つ重ねます。その上にはんだわら、串柿、だいだい、干しするめなどを置き、昆布を長く垂らして飾り立てます。儀式ばったものは鏡餅の上に紅白の菱餅を置いたりします。
飾る場所が狭いことや、手に入りにくい物が多いので、三方に紙を敷いて鏡餅をすえてミカンをのせ簡略したものもあります。

裏白
しだの一種で、葉の裏が白いので後ろ暗いところのない清浄の心を表します

譲り葉
新しい葉が出てから古い葉が落ちることから、家督を子孫に譲るのを祝う意味があります

はんだわら(馬尾藻)
海藻の一種で、胞子を付けている様が子供をかかえているように見えることから子孫繁栄の意味があります

串柿
収穫の喜びがこめられ、五穀豊穣の意味があります

だいだい(橙)
代々とも書き果実が木が落ちることなく4~5年もつことから長寿の家族に見立てられ家族繁栄の意味があります

するめ・昆布
するめは「寿留女」とも書き、昆布は「よろこぶ」などの語呂合わせがありめでたい食べ物です

ウィキペディア

鏡餅(かがみもち)とは、餅を神仏に供える正月飾り(床飾り)であり、 穀物神である「年神(歳神)」への供え物である。 日本の伝統である。 名称の由来 鏡餅という名称は、昔の鏡の形に似ていることによる。昔の鏡は青銅製の丸形で、神事などに用いられるものであった。三種の神器の一つ、八咫鏡を形取ったものとも言われる。また、三種の神器の他の二つ、八尺瓊勾玉に見立てた物が橙(ダイダイ)、天叢雲剣に見立てた物が串柿であるとされる。 平安時代には既に存在し、当時に書かれた源氏物語には『歯固めの祝ひして、餅鏡をさへ取り寄せて』の一節がある。 鏡餅が現在のような形で供えられるようになったのは、家に床の間が作られるようになった室町時代以降である。 武家では、床の間に具足(甲冑)を飾り、その前に鏡餅を供えた。鏡餅には、譲葉・熨斗鮑・海老・昆布・橙などを載せるのが通例となり、これは具足餅(武家餅)と呼ばれた。 和漢三才図会に掲載された御鏡 江戸時代1712年ごろ日本の百科事典として出版された和漢三才図会巻19には、天武天皇4年からの習俗として、「しとき餅」の項に「御鏡是也」と解説された祭餅の図がある。

Wikipedia

ページ先頭へ