日本の行事 年中行事

小正月

カテゴリ : 1月 (睦月),年中行事 タグ :

元日から7日までを「大正月(おおしょうがつ)」というのに対して、15日を中心にした数日を「小正月」と呼びます。これは古代、満月を月の基準にし、15日が年頭に当たるためです。
別名「女正月」ともいい、正月中に忙しかった女性をいたわる日としました。

古代中国の古事にならって小豆粥を食べ、一家の健康を祈願する風習があります。



小正月には、農作業の豊凶を占う行事が全国各地で行われます。

  1. なまはげ
  2. かぜとり
  3. 鳥追い
  4. かまくら
  5. どんどん焼き(左義長)
  6. 粥占い
  7. 綱引き

ウィキペディア

小正月(こしょうがつ)とは、正月15日の行事である。または、14日から16日までの3日間、または、14日の日没から15日の日没まで、または、望(満月)の日、または、元日から15日までの15日間ともされる。 本来旧暦だが、明治の改暦後は新暦1月15日、もしくは、2000年からは成人の日(1月第2月曜日)に行われる場合もある。 元日(または元日から1月7日まで)を大正月と呼ぶのに対してこのように呼ぶ。正月(字義通りには月末まで)の終わりとも位置づけられる。小年(こどし)、二番正月、若年、女正月(おんなしょうがつ)、花正月。返り正月、戻り正月と呼ぶ地方もある。 由来 中国式の太陰太陽暦が導入される以前、望の日を月初としていたことの名残りと考えられている。 風習 日本 古くはこの小正月までが松の内だった(この日まで門松を飾った)ものが、江戸時代に徳川幕府の命により1月7日の大正月までとされたが、関東地方以外には広まらなかった。

Wikipedia

ページ先頭へ