日本の行事 年中行事

防災の日

カテゴリ : 9月 (長月) , 年中行事  タグ :

9月1日
大正12年(1923)9月1日11:58に関東大震災が発生しました。
防災意識を高めるための日として1960年(昭和35年)に制定されました。

関東大震災は関東地方にマグニチュード7.9の大地震発生し、死者死者・行方不明者14万人以上にもおよぶ日本史上最大の自然災害です。

防災の日は災害伝言板の試用が出来たり、各地で防災イベントが催されたりします。この日を防災点検の日にして、防災対策に取り組んでみてはいかがでしょうか?



ウィキペディア

防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もある。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。 類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。 防災史概略と近年の主要課題 古来、防災は日常生活の一部であり、「防災」という行動が意識的に区別されることはなかったと考えられる。しかし、為政者により治水が行われるようになると役割分担が始まる。これは日本では主に江戸時代のことである。さらに、明治時代以降は治水が行政の管掌となって、専門化され技術の向上が図られるようになる。このような流れの中で、ダムや堤防などの施設(ハード)の対策が大きく進歩し、災害自体の研究も進んで理解が深まった。日本の防災はこうした技術力や研究能力はトップレベルと言われる一方で、こうした施設や研究の必要性を社会や市民が理解・納得しているかは疑問視されているほか、避難などの非施設(ソフト)対策は相対的に不十分とされる。

Wikipedia

ページ先頭へ