日本の行事 年中行事

仲秋の名月

カテゴリ : 9月 (長月),年中行事, タグ :

仲秋の名月(十五夜)は旧暦8月15日の夜の行事。
日本の秋は月が美しい季節で月見行事が各地で行われ、月見団子、里芋、枝豆、栗、果物などを三方に載せ、秋の七草と灯明(またはロウソク)を供え、みのりの秋を祝います。
供え物をして月を鑑賞するようになったのは江戸時代からです。



仲秋の名月を鑑賞をする習慣は中国から伝わったもので、庶民の間では月を神とあがめ、秋の収穫期にあたる仲秋の名月に収穫物を供えて五穀豊穣を祝い、みのりを感謝する祭りとして発達しました。

秋の七草
(萩、すすき、なでしこ、葛、女郎花、藤袴、桔梗)

ウィキペディア

『月見』より : 月見(つきみ)とは月、主に満月を眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも称する。 なお、鶏卵の黄身を満月に例えた料理もその形から月見という(後節参照)。 月見は、主に旧暦8月15日から16日の夜(八月十五夜)と、日本では旧暦9月13日から14日の夜(九月十三夜)にも行われる。そのため、月見に関する話題で単に「十五夜(じゅうごや)」「十三夜(じゅうさんや)」という場合、これらの夜を意味する。 中国や日本では、単に月を愛でる慣習であれば古くからあり、日本では縄文時代頃からあると言われる。ただ、『竹取物語』には、月を眺めるかぐや姫を嫗が注意する場面があり、月見を忌む思想も同時にあったと推察される。 名月の日に月を鑑賞する風習の始まりは、唐代の頃からということしか分かっていない。宋代の『東京夢華録』には身分に関わらず街を挙げて夜通し騒ぐ様子が記録されている。この風習が貞観年間(859-877)の頃、日本の貴族社会に入ってきた。平安時代の月見は徐々に規模が大きくなり延喜19年(919)には宇多法皇が日本独自の十三夜の月見を催した。

Wikipedia

ページ先頭へ