日本の行事 年中行事

大晦日

カテゴリ : 12月 (師走) , 年中行事  タグ :

12月31日。
毎月の最終日を晦日といい、一年の最終月ということで大晦日と言います。
年越しそばを食べる習慣がありますが、その他にも地方により「古めし」「黄飯汁」というものを食べる風習など様々です。この日の深夜0時を挟んでお寺で除夜の鐘が108つ鳴らされます。

古くは大晦日に神棚にお供えをし、眠らずに年神様を迎え入れ、この時に眠ってしまうと早く老けるとされてきました。



ウィキペディア

大晦日(おおみそか)は、1年の最後の日。天保暦(旧暦)など日本の太陰太陽暦では12月30日、または12月29日である。現在のグレゴリオ暦(新暦)では12月31日。翌日は新年(1月1日)である。大つごもりともいう。日本では、年神を迎えることにちなむ行事が行われる。 由来 旧暦では毎月の最終日を晦日(みそか)といった。晦日のうち、年内で最後の晦日、つまり12月(または閏12月)の晦日を大晦日といった。元々“みそ”は“三十”であり、“みそか”は30日の意味だった。ただし、月の大小が年によって変動するので、実際には29日のこともあった。後の新暦の12月31日を指すようになった。 大晦日を大つごもりともいった。「つごもり」は、晦日の別名であり、「月隠り(つきごもり)」が転じたものである。 英語では「New Year's Eve」と呼ぶ。また西ヨーロッパを中心にシルウェステル1世 (ローマ教皇)が由来の「ジルベスター(Silvester)」とも呼ばれる。

Wikipedia

ページ先頭へ