日本の行事 年中行事

雛祭り

カテゴリ : 3月 (弥生),お祭り,年中行事  タグ :

3月3日 上巳の節供、雛節供、桃の節供
ひな祭りは上巳(じょうし)の節句の3月3日に行われる女の子の健やかな成長を祝う行事です。
旧暦で桃の花が咲く頃にあたるため、桃の節句とも呼ばれます。

菱餅、桃の花、白酒、あられなど用意して雛人形を飾ります。雛祭りの日の一般的な献立は、ちらし寿司、蛤の吸い物などです。
ハマグリの一対になった貝はほかの元はピタリと合わないので、一人の人に一生添い遂げる純愛の象徴と考えられていました。相手が見つかるまで純潔を守れるよう願いをこめてハマグリのお吸い物が食べられています。



関東では雛壇に向かって左が男雛、女雛ですが、関西(とくに京都)では右が男雛で、左が女雛と関東と関西では内裏雛の飾り方は左右反対です。現在では関東
の並べ方が一般的なようです。関東風の並べ方は昭和天皇即位の歳に、天皇陛下が向かって左、皇后陛下が向かって右に並ばれたことから始まったようです。

平安時代に紙で作った人形にけがれを託して、川や海に流して不浄をはらうようになり流し雛として今も残っています。この人形が精巧なものとなり雛祭りとして発展、貴族の行事が武家社会に広がり、江戸時代には庶民の行事となりました。





ひな祭りを盛大にお子様、お孫様への雛人形選びに。雛人形の通信販売サイト

ウィキペディア

雛祭り(ひなまつり)は、日本において、女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事。ひいなあそびともいう。 ひな人形(「男雛」と「女雛」を中心とする人形)を飾り、桃の花を飾って、白酒や寿司などの飲食を楽しむ節句祭り。雛あられや菱餅を供える。 時期 江戸時代までは和暦(太陰太陽暦)の3月の節句(上巳、桃の節句)である3月3日(現在の4月頃)に行われていた。明治の改暦以後は一般的にグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なうことが一般的になった。一部の地域では、引き続きに旧暦3月3日に祝うか、新暦4月3日に祝う(東北・北陸など積雪・寒冷地に多い)。 旧暦の3月3日は桃の花が咲く時期であるため「桃の節句」と呼ばれることが多い。 また、江戸時代には9月9日の重陽の節句に雛人形をもう一度飾る「後(のち)の節供」という飾る習慣があった。 香川県三豊市の旧仁尾町では、雛祭りは行わず、八朔に雛人形を飾る。これは、戦国時代に仁尾城が落城したのが旧暦3月3日であったためとされる。 兵庫県たつの市御津町室津地区では、ひな祭りを旧暦8月1日に行っていた。

Wikipedia

ページ先頭へ