日本の行事 年中行事

菱餅

カテゴリ : 3月 (弥生),料理・食品  タグ :

ひな祭り(桃の節句)に供えられる、三色のひし形の御餅。
下から白、緑、ピンクと三色に積み上げられていますが、それぞれが雪、芽吹き、花を現しており冬から春への移り変わりを表現しています。



また、菱餅は(白は菱の実、緑は母子草または蓬、ピンクは桃の花)薬草で色づけされており、母から子へ民間療法の知識を伝える役割もあったと言われています。

ウィキペディア

菱餅(ひしもち)は、和菓子の一種。 3月3日の桃の節句に雛人形を飾る際に、それと共に供える菱形の餅であり、桃の節句の行事食である。 赤・白・緑の3色のものが多いが、地方によっては異なり、2色であったり、5色や7色になっている餅を菱形に切って重ねてつくる。今の形になったのは江戸時代からである。 赤い餅は先祖を尊び、厄を祓い、解毒作用のある山梔子の実で赤味をつけ健康を祝うためであり桃の花をあらわしている。白い餅は菱の実を入れ、血圧低下の効果をえて、清浄を表し、残雪を模している。緑の草餅は初めは母子草(ハハコグサ)の草餅であったが「母子草をつく」と連想され代わりに増血効果がある蓬を使った。春先に芽吹く蓬の新芽によって穢れを祓い、萌える若草を喩えた。 菱形の形は、大地を表すという説の他、諸説ある。 宮中で正月に食べられる菱葩餅が起源である説や、元は三角形であったが菱の繁殖力の高さから子孫繁栄と菱の実を食べて千年長生きをした仙人にちなんで長寿の願いを込め菱形にした説がある。

Wikipedia

ページ先頭へ