日本の行事 年中行事

秋の彼岸

カテゴリ : 9月 (長月) , 年中行事  タグ :

「秋の彼岸」は前後7日間、中の日が秋分の日にあたります。初日を「彼岸の入り」といい最後の日を「彼岸明け」といいます。
秋分の日とは昼と夜の時間が同じで、夏から秋への季節の変わり目です。
太陽が真西に沈むこの日は、仏の世界と現世が最も近い日で、この日に先祖を供養すると魂が迷わず極楽浄土にいけると考えられたのです。
各家庭ではお墓参りをするのが習慣で、家の仏壇は団子、おはぎなどを供え祖先の供養をします。地方によって迎え火、送り火など風習はさまざまです。

はじまりは6世紀前後という説があります。この行事は日本独自のものです。  タグ :

続きを読む

お盆

カテゴリ : 7月 (文月) , 8月 (葉月) , 年中行事  タグ :

祖先の霊を供養する仏教行事です。
盆期間は7月15日を中心に行われますが、1ヶ月遅れ(8月13~16日)や旧暦で行うなど地方によって異なります。

13日は家庭で盆棚を作って、盆花・初物の果物や野菜・馬や牛を模したキュウリやナスなどを供え、夕方におがらを燃やして霊を招く迎え火をします。家や墓を清め、花や灯明をあげて迎えます。
16日の夕方に、精霊を送る送り火をし霊を送ります。盆棚の供え物を川や海に流します。
お盆の行事は仏教行事ですが、日本古来の収穫祭や水神祭と一体となって受け継がれて宗派を問わない行事となりました。  タグ :

続きを読む

花祭り

カテゴリ : 4月 (卯月)  タグ :

4月8日は釈迦の誕生日で、釈迦の像に甘茶をかけて祝います。
この時期は桜が満開なので「花祭り」といいます。

花祭りの名は釈迦の誕生地であるルンビニの花園を表し、屋根や柱を春の花で飾った花御堂を設けました。花祭りは聖徳太子の時代に行われたといわれ、平安時代には宮中恒例の行事となりました。
大正5年には、日比谷公園で花祭りが行われ、それから年中行事になりました。

 タグ :

続きを読む

ページ先頭へ