日本の行事 年中行事

梅雨

カテゴリ : 6月 (水無月) , , 日本の四季 , 風土・自然  タグ :

梅の実が熟す季節の雨なので「つゆ」を梅の雨と書きます。

6月頃の長雨の時期、またその時期に降る長雨を梅雨といいます。
北海道にはこの梅雨はありません。
この時期、日本付近に東西に長くのびた梅雨前線が形成されて停滞する気圧配置のためにこのような天候になります。

梅雨に入ることを「梅雨入り」または「入梅」といい、暦の上では芒種(ほうしゆ)のあとの壬(みずのえ)の日と決められていますが、実際はこの通りではなく五月下旬から六月上旬ころです。
梅雨が終わるこをまた、「梅雨明け」または「出梅」といい、暦の上では陰暦では夏至のあとの庚(かのえ)の日。実際には七月中旬ころです。

 タグ :

続きを読む

夏至の日

カテゴリ : 6月 (水無月) , , 年中行事  タグ :

6月21日は夏至です。夏至は1年の中で昼間が最も長く、夜が最も短い日です。夏至の日に特別何かをする、というような風習は無いようです。

夏至に関連して、「半夏生(はんげしょう)」という雑節があります。
元々は夏至から数えて11日目の日でしたが、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する時となっています。(半夏生は7月2日頃です)

スウェーデンやフィンランドなど北欧の地域では、夏至祭と言ってこの日は盛大なお祭りが催されています。日本でも夏至祭が行われている地域があるようです。

 タグ :

続きを読む

ページ先頭へ