日本の行事 年中行事

すみつかり

カテゴリ : 2月 (如月) , 年中行事  タグ :

すみつかりは、節分の豆まきに使った大豆で作る料理です。
初午の日につくって氏神やお稲荷さんに供え、家内安全と豊作を祈ります  タグ :

続きを読む

豆まき

カテゴリ : 2月 (如月) , 年中行事  タグ :

節分には神社・寺院や家庭で、災いを象徴する鬼を豆で打って追い払う、豆まきが行われます。
古くは室町時代の京都でも「鬼は外、福は内」という言葉とともに行われていたことが文献に見られます。
民家では節分の晩に大豆を煎り、これを升に入れて神棚に供えたのちに、一家の主などが「鬼は外、福は内」と唱えながら家の出口や各部屋にまいていきます。
恵方(明きの方。年神の訪れる方角)へまくとか、恵方からまきはじめるとも言われています。

まき終わると、それぞれ自分の年齢の数(あるいはそれに一つ加えた数)の豆を食べます。この豆を年豆などといい、これを食べると病気をしないと言われています。

また豆を辻や村境に落としてきて厄落としとする所もあります。また海や山に出掛けるときに持っていくと難にあわないということもあります。
 タグ :

続きを読む

豆占い

カテゴリ : 2月 (如月) , 年中行事  タグ :

豆占いは節分の時に行われます。
12個(うるう年は13個)の豆を囲炉裏の灰に並べ、そのやけ具合によって今後1年間の天候や豊凶を占います。  タグ :

続きを読む

節分

カテゴリ : 2月 (如月) , 日本の四季 ,  タグ :

立春の前日(2月3日頃)
節分とは季節の分かれ目の意味で、立春・立夏・立秋・立冬など季節の変わり目をいいます。ですが今では立春の前日の意味で使われています。
 タグ :

続きを読む

恵方巻き

カテゴリ : 2月 (如月) , , 年中行事 , 料理・食品  タグ :

2月3日
関西では、節分の日に「恵方巻き」という太巻きすしを食べる習慣があります。
その年の良い方角「恵方(えほう)」を向き、太巻き寿司を切らずに丸ごと1本、そのまま目を閉じ願い事を思い浮かべながら食べます。食べている間は、無言でなければいけません。
太巻き寿司を切らずに、丸ごと一本かぶりつくことから「丸かぶり寿司」とも言います。  タグ :

続きを読む

ページ先頭へ