日本の行事 年中行事

夕立

カテゴリ : , 日本の四季 , 風土・自然  タグ :

夏の午後に降る、激しいにわか雨のことを夕立と言います。
夕立の降るときに出る雲を、夕立雲と言います。



ウィキペディア

夕立(ゆうだち)は、夏の午後から夕方にかけてよく見られる天気。激しいにわか雨を伴う。まれに夕立ちとも。 語義 古語としては、雨に限らず、風・波・雲などが夕方に起こり立つことを動詞で「夕立つ(ゆふだつ)」と呼んだ。その名詞形が「夕立(ゆふだち)」である。 ただし一説に、天から降りることを「タツ」といい、雷神が斎場に降臨することを夕立と呼ぶとする。 夏の季語。歳時記などではゆだち、驟雨、白雨、喜雨などを異称とする。 — 正岡子規 気象学における夕立 夕立という現象は、気象学的には驟雨、にわか雨、雷雨、集中豪雨といった現象にあたり、「夕立」という独立した現象があるわけではない。ただ、通常の驟雨などに比べて発生する時間帯などが特徴的で、一般的によく知られているため、日本では「夕立」という用語を気象学でも(特に天気予報で)用いる。 現象としては、急に発達した積乱雲によりにわか雨を降らせ、雷、突風、雹(ひょう)などを伴うことがあるものである。 時間帯では、正午を過ぎたころから日没後数時間までに発生するものを指す。

Wikipedia

ページ先頭へ