日本の行事 年中行事

花火大会

カテゴリ : ,日本の風情,風物詩 タグ :

花火大会のはじまりは江戸時代。将軍徳川吉宗が凶作と疫病流行していた当時、悪疫除けのために両国橋近くで水神祭を開きました。その時に献上花火を打ち上げたのが最初だといわれています。



花火の時にされるかけ声「鍵屋・玉屋」は大川橋(今の両国)にあった花火屋の名前で、鍵屋からのれん分けされて出来たのが玉屋です。
両国の川開きでは鍵屋と玉屋が競って花火を打ち上げ、その時の江戸の人々のかけ声が今に残ります。この鍵屋玉屋の時代は30年あまりで玉屋が火災を起こし江戸払いとなったことで終わります。しかし鍵屋は三百数十年もの歴史を誇り現在も花火屋として健在です。

ウィキペディア

花火(はなび)は、火薬と金属の粉末を混ぜて包んだもので、火を付け、燃焼・破裂時の音や火花の色、形状などを鑑賞する。火花に色をつけるために金属の炎色反応を利用しており、混ぜ合わせる金属の種類によってさまざまな色合いの火花を出すことができる。原則として野外で使用する。 多くの場合は火薬が爆発・燃焼した時に飛び散る火の粉の色や形を楽しむが、ロケット花火やへび花火、パラシュート花火のように、火薬の燃焼以外を楽しむものもある。 日本では、夏の夜の風物詩とされている。一部の自治体では大規模な花火の打ち揚げを「花火大会」と称して行っている。大会の時期は7、8月に集中している。花火大会のほか、イベントなどの開催を告げるため、また、祝砲のかわりにも使われる。 英語では、fireworksという。近年は「華火」の字を当て字として使用している例も稀にある。 花火の種類 日本では、大きく分け、取り扱いや打ち上げに許可が必要な大型の打上花火(法令上の用語は煙火)と、玩具店などで販売され、家庭などで消費される小型のおもちゃ花火(法令上の用語は玩具花火)に分けられる。

Wikipedia

ページ先頭へ