日本の行事 年中行事

梅雨

カテゴリ : 6月 (水無月) , , 日本の四季 , 風土・自然  タグ :

梅の実が熟す季節の雨なので「つゆ」を梅の雨と書きます。

6月頃の長雨の時期、またその時期に降る長雨を梅雨といいます。
北海道にはこの梅雨はありません。
この時期、日本付近に東西に長くのびた梅雨前線が形成されて停滞する気圧配置のためにこのような天候になります。

梅雨に入ることを「梅雨入り」または「入梅」といい、暦の上では芒種(ほうしゆ)のあとの壬(みずのえ)の日と決められていますが、実際はこの通りではなく五月下旬から六月上旬ころです。
梅雨が終わるこをまた、「梅雨明け」または「出梅」といい、暦の上では陰暦では夏至のあとの庚(かのえ)の日。実際には七月中旬ころです。



梅雨の関連用語
梅雨時に訪れる季節はずれの寒さを「梅雨寒」といい、梅雨時の、雨雲におおわれた空模様を「梅雨空」といいます。

ウィキペディア

梅雨(つゆ、ばいう)は、北海道と小笠原諸島を除く日本、朝鮮半島南部、中国の南部から長江流域にかけての沿海部、および台湾など、東アジアの広範囲においてみられる特有の気象現象で、5月から7月にかけて毎年めぐって来る曇りや雨の多い期間のこと。雨季の一種である。 東アジアの四季変化における梅雨 気候学的な季節変化を世界と比較したとき、東アジアでは春夏秋冬に梅雨を加えた五季、また日本に限るとさらに秋雨を加えた六季の変化がはっきりと表れる。 東アジアでは、春や秋は、温帯低気圧と移動性高気圧が交互に通過して周期的に天気が変化する。一方、盛夏期には亜熱帯高気圧(太平洋高気圧)の影響下に入って高温多湿な気団に覆われる。そして、春から盛夏の間と、盛夏から秋の間には、中国大陸東部から日本の東方沖に前線が停滞することで雨季となる。この中で、春から盛夏の間の雨季が梅雨、盛夏から秋の間の雨季が秋雨である。なお、梅雨は東アジア全体で明瞭である一方、秋雨は中国大陸方面では弱く日本列島方面で明瞭である。また、盛夏から秋の間の雨季の雨の内訳として、台風による雨も無視できないほど影響力を持っている。

Wikipedia

ページ先頭へ