日本の行事 年中行事

冬至

カテゴリ : 12月 (師走) , , 日本の四季  タグ :

二十四節気の一つで12月22日ごろです。
昼間の時間が最も短いこの日に、無病息災(むびょうそくさい)を願って柚子湯(ゆずゆ)に入ったり、小豆粥やカボチャを食べます。



ウィキペディア

冬至(とうじ、英: winter solstice)は、二十四節気の第22。北半球ではこの日が一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が短い。十一月中(旧暦11月内)。 現在広まっている定気法では太陽黄経が270度のときで12月22日ごろ。恒気法は節気を冬至からの経過日数で定義するが、基点となる冬至は定気と同じ定義である。定気と恒気で一致する唯一の節気である。暦ではそれが起こる日を冬至とするが、天文学においては、太陽黄経が270度となる瞬間を「冬至」と定義している。この場合、冬至の瞬間を含む日を冬至日(とうじび)と呼ぶ。 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小寒前日までである。 西洋占星術では、冬至を磨羯宮(やぎ座)の始まりとする。 北半球では太陽の南中高度が最も低く、一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日。 『暦便覧』では「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」と説明している。 日付 定気法による冬至の瞬間(世界時)と、日本・中国での冬至日の日付は表のとおり。

Wikipedia

ページ先頭へ