日本の行事 年中行事

演歌

カテゴリ : 文化 , 日本の風情  タグ :

日本の心とも言われる日本特有の歌、演歌ですがその起源は演説にあります。
明治時代初頭に演説が盛んに行われていましたが、取締りが厳しくなり運動家たちは歌にのせ間接的に演説する方法を生み出しました。これを演説歌と呼び、いつしか略されて演歌と呼ばれるようになったと言われています。
演説家の第一人者と呼ばれたのは、川上音二郎でオッペケペー節と呼ばれる演説歌で一世を風靡しました。



ウィキペディア

演歌(えんか)とは、 明治時代の自由民権運動において政府批判を歌に託した演説歌の略。 1960年代半ばに日本の歌謡曲から派生したジャンルで、日本人独特の感覚や情念に基づく娯楽的な歌曲の分類の一つである。当初は同じ音韻である「艶歌」や「怨歌」の字が当てられていたが、1970年代初頭のビクターによるプロモーションなどをきっかけに「演歌」が定着した。ここでは1.2含めて概説する。 音階法(ヨナ抜き音階) 演歌が用いる音階の多くは日本古来の民謡等で歌われてきた音階を平均律に置き換えた五音音階(ペンタトニック・スケール)が用いられることが多い。すなわち、西洋音楽の7音階から第4音と第7音を外し、第5音と第6音をそれぞれ第4音と第5音にする五音音階を使用することから、4と7を抜くヨナ抜き音階と呼ばれる音階法である。この音階法は古賀正男、後の古賀政男(1904年(明治37年)-1978年(昭和53年)) による古賀メロディとして定着し、以降演歌独特の音階となる。

Wikipedia

ページ先頭へ