日本の行事 年中行事

柏餅

カテゴリ : 5月 (皐月) , 料理・食品  タグ :

柏餅は、柏が若い芽が出ないと、古い葉が落ちないところから、跡継ぎが絶えないようにという意味で、端午の節句の5月5日に食べられます。
柏餅は、うるち米の粉を水で練り、蒸した後、あずきや味噌あんを包みます。それをさらに柏の葉で包んで、再び蒸して作ります。



ウィキペディア

柏餅(かしわもち)は、平たく丸めた上新粉の餅を二つに折り、間に餡をはさんでカシワ又はサルトリイバラの葉などで包んだ和菓子である。 餡の種類は、つぶあん、こしあんのほか、みそあんがポピュラーであるが、中部地方・九州など味噌餡が存在しない地域もある。また亜種として餅が蓬餅で作られたものも近年存在している。カシワの葉を用いた場合は「かしわもち」と呼ばれることが多く、他の植物を用いた場合に「しばもち」など地方により異なる名称を持つ。 包んでいる葉は個人によっては食べる場合も食べない場合も存在するが、一部では、材料費を抑えるためにカシワの葉を象ったビニールシートで餅を包んだものが売られている。カシワの自生が少ない近畿圏以西ではサルトリイバラの葉を代用して作られ、「かしわもち」の他、「しばもち」、「ちまき」、「かからだご」、「おまき」、「だんご」、「いばらもち」など地方ごとに特色のある名称が用いられている。

Wikipedia

ページ先頭へ