日本の行事 年中行事

浴衣

カテゴリ : 日本の風情 , 風物詩  タグ :

浴衣は江戸時代以降に普及しました。

浴衣帯は博多織の半巾帯や面の浴衣帯。下駄は着物に合わせますが白木が粋です。バックは布製が似合います。
男の浴衣は、黒無地はよそ行きのイメージ。角帯を結ぶと粋。(絞りの兵児帯でもまいません)履き物は下駄か雪駄。雪駄の方が粋です。



浴衣の始まりとされているのが「湯帷子・ゆかたびら」というもので、昔の朝廷人や身分の高い人たちが入浴の時に身にまとった麻の単衣の着物です。
江戸時代に麻よりも安い木綿が普及したことと、銭湯が盛んになり湯上がりに木綿の着物(浴衣)を着るようになって、夏の外出にも着るようになりました。



雑誌掲載品多数ファッション通販サイト「サルース(Salus) 」

ウィキペディア

浴衣(ゆかた)とは和服の一種である。通常の和服とは違い、長襦袢を着用せず、素肌の上に着る略装である。 平安時代の湯帷子(ゆかたびら)がその原型とされる。湯帷子は平安中期に成立した倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)によると、内衣布で沐浴するための衣とされている。この時代、複数の人と入浴する機会があったため汗取りと裸を隠す目的で使用されたものと思われる。素材は、水に強く水切れの良い麻が使われていたという説がある。 安土桃山時代頃から湯上りに着て肌の水分を吸い取らせる目的で広く用いられるようになり、これが江戸時代に入って庶民の愛好する衣類の一種となった。 「ゆかた」の名は「ゆかたびら」の略である。 生地は木綿地で通常の単物よりもやや隙間をあけて織った平織りのものが多い。特に夏場の湯上り、または寝巻きとしての用途が主である。日本舞踊などでは稽古着として使用される。家庭でも手軽に洗濯が可能であり、清潔を保ちやすいことも重宝される一因である。 和服の中でも最も単純かつ基本的な構造である。また反物も比較的安価であることから、家庭科の授業で和裁の基礎を学ぶ際に、浴衣を縫うことが多い。

Wikipedia

ページ先頭へ