日本の行事 年中行事

海の日

カテゴリ : 7月 (文月) , 年中行事 , 記念日

海の日は祝日の一つ。
明治天皇が明治丸で東北から北海道へ巡航した後、横浜港に戻った日(7月20日)を記念した「海の記念日」があり、それを平成七年に海の日と改称し、祝日として制定されました。
四方を海に囲まれた島国日本の、永遠なる繁栄を国民全体で願う意味合いを込められています。



ウィキペディア

海の日(うみのひ)は、日本の国民の祝日の一つ。日付は7月の第3月曜日。 海の日は、1995年(平成7年)に制定され、1996年(平成8年)から施行された日本の国民の祝日の一つである。制定当初は7月20日だった。2003年(平成15年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により、7月の第3月曜日となった。 ただし、初年度の2003年は偶然7月21日になったため、振替休日と重なった。 国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条では、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としている。国土交通省の文書の記述などによると「世界の国々の中で『海の日』を国民の祝日としている国は唯一日本だけ」という。 2007年(平成19年)に制定された海洋基本法第13条は「国及び地方公共団体は、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第2条に規定する海の日において、国民の間に広く海洋についての理解と関心を深めるような行事が実施されるよう努めなければならない」と海の日の行事について定めている。

Wikipedia

ページ先頭へ