日本の行事 年中行事

母の日

カテゴリ : 5月 (皐月) , 年中行事  タグ :

5月の第2日曜日。
「母の日」は1910年、アメリカのある女性が亡き母の命日である5月9日に、教会で白いカーネーションを配ったのが始まりとされています。これが全米に広がり、1913年に5月の第2日曜日を「母に捧げる祝日」に決められました。
日本では戦後、森永製菓が呼びかけを契機に広く知られるようになりました。



母の日の贈り物にはカーネーションが一般的ですが、以下のようなプレゼントが人気です。

  1. 1位 花束・鉢植え
  2. 2位 セーター、ブラウス、パジャマ、エプロンなどの衣類
  3. 3位 アクセサリー

また、商品以外のプレゼントでは、みんなで外食、旅行、電話する、食事を作るなど家事を代ってするなどが多いようです。

ウィキペディア

母の日(ははのひ)は、日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日。日本やアメリカでは5月の第2日曜日に祝うが、その起源は世界中で様々であり日付も異なる。例えばスペインでは5月第1日曜日、北欧スウェーデンでは5月の最後の日曜日に当たる。 起源 アイルランドとイギリス 「マザリングサンデイ」は移動祝日で、キリスト教暦のレント(四旬節)期間の第4日曜日(復活祭の3週間前)に祝われる。17世紀に始まったとされ、奉公中の子供が教会で母親と面会するなどの行事が行われた。 アメリカ アメリカでは南北戦争終結直後の1870年、女性参政権運動家ジュリア・ウォード・ハウが、夫や子どもを戦場に送るのを今後絶対に拒否しようと立ち上がり「母の日宣言」(Mother's Day Proclamation)を発した。

Wikipedia

ページ先頭へ