日本の行事 年中行事

鯉のぼり

カテゴリ : 5月 (皐月) , 日本の風情 , 風物詩  タグ :

鯉幟(鯉のぼり)は端午の節句である5月5日まで飾られる、吹流しを鯉の形に模して作ったのぼりです。鯉が滝を昇り竜になるという中国の伝説にならい、子供の出世を願う気持ちが込められています。
上から回転球、矢車吹流し、真鯉、緋鯉の順に取り付けます。男の子が生まれるたびに子鯉を増やしていく地方もあります。



皐幟(さつきのぼり)とも言い、夏の季語として用いられます。

ウィキペディア

『鯉幟』より : こいのぼり(鯉幟)とは元来、日本の風習で、江戸時代に武家で始まった、端午の節句である旧暦の5月5日までの梅雨の時期の雨の日に、男児の出世と健康を願って家庭の庭先で飾られた紙・布・不織布などに鯉の絵柄を描き、風をはらませてなびかせる吹流しを鯉の形に模して作ったのぼり。皐幟(さつきのぼり)、鯉の吹き流しとも言う。現在はグレゴリオ暦(新暦)5月5日まで飾られ、夏の季語として用いられる。飾られる季節も変わり、イメージは「晩春の晴天の日の青空にたなびくもの」となった。 但し地方によりひと月遅れのグレゴリオ暦(新暦)6月5日までの地方もある(例 静岡県の西部地区他)。 中国の正史、二十四史の一つである後漢書による故事で、黄河の急流にある竜門と呼ばれる滝を多くの魚が登ろうと試みたが鯉のみが登り切り、竜になることができたことにちなんで鯉の滝登りが立身出世の象徴となった。

Wikipedia

ページ先頭へ