日本の行事 年中行事

クリスマス

カテゴリ : 12月 (師走) , 年中行事  タグ :

12月25日をクリスマス、前日の24日をクリスマスイブとして、日本でも年中行事として定着しました。
日本ではクリスマスツリーを飾り、七面鳥やローストチキン、ケーキを食べプレゼント交換をしたりするのが一般的ですが、もともとクリスマスはキリスト教徒にとってのキリストの誕生を祝う日です。
イヴの夜、25日の朝から礼拝があります。



サンタクロースは聖人ニコラウスに由来しますが、煙突から入って子供の靴下にプレゼントを入れる言い伝えは主にアメリカで広がりました。
サンタの赤と白のコスチュームは、コカコーラ社がシンボルカラーの赤をサンタに着せた広告がヒットし、それが定着したのは有名です。

ウィキペディア

クリスマス(英: Christmas)は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(降誕を記念する日)。12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれる。ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。 新約聖書には、イエス・キリストの誕生日を特定する記述は無い。 — マタイによる福音書第2章第1・2節(口語訳聖書) — ルカによる福音書第2章第10・11節(口語訳聖書) キリスト教においてもクリスマスは「降誕を記念する祭日」と位置づけられており、「イエス・キリストの誕生日」と考えられているわけでは無い。

Wikipedia

ページ先頭へ