日本の行事 年中行事

秋分の日

カテゴリ : 日本の四季, タグ :

9月の祝日で、秋分の日はお彼岸の中日にあたります。

冬は日が短く夏は日が長いですが、その昼と夜の長さがちょうど半分になるのがこの日にあたります。春分の日も同じもので、春と秋の季節を分ける日です。



ウィキペディア

秋分の日(しゅうぶんのひ)は、日本の国民の祝日の一つである。日付は天文学上の秋分日。 しばしば「昼と夜の長さが同じになる。」といわれるが、実際は昼の方が若干長い。詳細は秋分を参照のこと。 国民の祝日 秋分の日は、1948年(昭和23年)に公布・施行された国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)によって制定された。同法第2条によれば、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」ことを趣旨としている。 休日としては、1878年(明治11年)改正の年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム(明治11年6月5日太政官布告第23号)による秋季皇霊祭から続くもので、1947年(昭和22年)に廃止される休日ニ關スル件(昭和2年勅令第25号)までこの名称だった。 仏教各派ではこの日「秋季彼岸会」が行われ、宗派を問わず墓参りをする人も多い。 日付 秋分の日は毎年9月23日ごろ。祝日法の上では「秋分日」としており、地球が秋分点を通過する日(日本時間)としている。国立天文台が作成する『暦象年表』という小冊子に基づいて閣議で決定され、前年2月第1平日付の官報に「暦要項」を掲載することにより発表される。

Wikipedia

ページ先頭へ