日本の行事 年中行事

恵方巻き

カテゴリ : 2月 (如月),,年中行事,料理・食品 タグ :

2月3日
関西では、節分の日に「恵方巻き」という太巻きすしを食べる習慣があります。
その年の良い方角「恵方(えほう)」を向き、太巻き寿司を切らずに丸ごと1本、そのまま目を閉じ願い事を思い浮かべながら食べます。食べている間は、無言でなければいけません。
太巻き寿司を切らずに、丸ごと一本かぶりつくことから「丸かぶり寿司」とも言います。



丸かぶりの習慣は古くから花柳界でもてはやされていましたが、大阪の老舗「本福寿司」などが中心になって商売に結びつけたのが、この習慣が広がるきっかけとなりました。

最近では、各業界がキャンペーンが行っており、メディアでも紹介されるようになったことから、全国に普及しつつある習慣です。

関連
節分 豆占い 豆まき やいかがし

ウィキペディア

『恵方巻』より : 恵方巻、恵方巻き(えほうまき)とは、節分に食べると縁起が良いとされている「太巻き(巻き寿司)」、および、大阪を中心として行われているその太巻きを食べる習慣。 「恵方巻」という名称は、1998年(平成10年)にセブン-イレブンが全国発売にあたり、商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」と採用したことにより広まったとされている。それ以前は「丸かぶり寿司」「節分の巻きずし」「幸運巻寿司」などと呼ばれていたことが文献で分かるが、「恵方巻」と呼ばれていたという文献類は見つかっていない。 節分の日は暦の上で春を迎える立春の前日にあたり、一年の災いを払うための厄落としとして「豆撒き」が行事として行われている。大阪では同日に巻き寿司を「巻き寿司」「丸かぶり寿司」と呼び、それをまるごと一本無言で食べるイベントが行われる場合があった。それが昭和初期に「幸運巻寿司」と称して豪華な太巻きを丸かじりするように変わった。 その後、太巻き(巻き寿司)を節分の夜にその年の恵方に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら丸かじり(丸かぶり)するのが習わしとされた。

Wikipedia

ページ先頭へ