日本の行事 年中行事

節分

カテゴリ : 2月 (如月),日本の四季, タグ :

立春の前日(2月3日頃)
節分とは季節の分かれ目の意味で、立春・立夏・立秋・立冬など季節の変わり目をいいます。ですが今では立春の前日の意味で使われています。



この日の行事としては豆まきややいかがしなどがあります。
節分の代表的な食べ物ものは・恵方巻き・ぜんざい・すみつかりです。

ぜんざい
大きな釜にたくさんつくり道行く人ににふるまって厄よけを願いました。

関連
節分 豆占い 恵方巻 豆まき やいかがし

ウィキペディア

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。 一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる(後述)。 季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる。 節分の行事は宮中での年中行事であり、『延喜式』では、彩色した土で作成した牛と童子の人形を大内裏の各門に飾っていた。 「土牛童子」ともいわれ、大寒の日の前夜の夜半に立てられ、立春の日の前夜の夜半に撤去された。

Wikipedia

ページ先頭へ