日本の行事 年中行事

端午の節句

カテゴリ : 5月 (皐月),年中行事 タグ :

江戸時代になって、武家の男の子の出世を祝う日として定着しました。
端午の節句には、男子の健やかな成長を祈願して、鯉のぼりをあげ、武者人形を飾り、菖蒲湯に入り、粽(ちまき)や柏餅を食べて祝います。
中国では、5月5日は重五(ちょうご)と呼ばれ、病気や災厄をはらう節句の日でした。その行事と、日本の農家で厄除けとして、薬草のよもぎや菖蒲を飾り物として使う行事が結びついたものです。



  1. 鯉のぼり
  2. 菖蒲湯

ウィキペディア

『端午』より : 端午(たんご)は五節句の一。端午の節句、菖蒲の節句とも呼ばれる。日本では端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う風習があり、現在ではグレゴリオ暦(新暦)の5月5日に行われ、国民の祝日「こどもの日」になっている。少ないながら旧暦や月遅れの6月5日に行う地域もある。尚、中国語圏では現在も旧暦5月5日に行うことが一般的である。 端午の意味 旧暦では午の月は5月にあたり(十二支を参照のこと)、この午の月の最初の午の日を節句として祝っていたものが、のちに5が重なるこの月の5日が端午の節句の日になったという。「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、元々「端午」は月の始めの午の日のことだった。後に、「午」は「五」に通じることから毎月5日となり、その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったともいう。同じように、奇数の月番号と日番号が重なる3月3日、7月7日、9月9日も節句になっている(節句の項目を参照のこと) 風習とその由来 この日を端午とする風習は、紀元前3世紀の中国、楚で始まったとされる。

Wikipedia

ページ先頭へ