日本の行事 年中行事

柏餅

カテゴリ : 5月 (皐月) , 料理・食品  タグ :

柏餅は、柏が若い芽が出ないと、古い葉が落ちないところから、跡継ぎが絶えないようにという意味で、端午の節句の5月5日に食べられます。
柏餅は、うるち米の粉を水で練り、蒸した後、あずきや味噌あんを包みます。それをさらに柏の葉で包んで、再び蒸して作ります。

 タグ :

続きを読む

端午の節句

カテゴリ : 5月 (皐月) , 年中行事  タグ :

江戸時代になって、武家の男の子の出世を祝う日として定着しました。
端午の節句には、男子の健やかな成長を祈願して、鯉のぼりをあげ、武者人形を飾り、菖蒲湯に入り、粽(ちまき)や柏餅を食べて祝います。
中国では、5月5日は重五(ちょうご)と呼ばれ、病気や災厄をはらう節句の日でした。その行事と、日本の農家で厄除けとして、薬草のよもぎや菖蒲を飾り物として使う行事が結びついたものです。

 タグ :

続きを読む

菖蒲

カテゴリ : 5月 (皐月) , 文化 , 日本の風情  タグ :

菖蒲(しょうぶ)は、厄除けとして軒先に飾り、薬草として利用します。
5月5日の端午の節句の日に、菖蒲(しょうぶ)の根や葉を入れて沸かすお風呂のことを、菖蒲湯と言い、入浴することで邪気を払うとされます。
また端午の節句の日に、菖蒲を酒にひたす「菖蒲酒」が飲まれます。
しょうぶは、「尚武」「勝負」に通じ、強くたくましく成長します。

 タグ :

続きを読む

鯉のぼり

カテゴリ : 5月 (皐月) , 日本の風情 , 風物詩  タグ :

鯉幟(鯉のぼり)は端午の節句である5月5日まで飾られる、吹流しを鯉の形に模して作ったのぼりです。鯉が滝を昇り竜になるという中国の伝説にならい、子供の出世を願う気持ちが込められています。
上から回転球、矢車吹流し、真鯉、緋鯉の順に取り付けます。男の子が生まれるたびに子鯉を増やしていく地方もあります。

 タグ :

続きを読む

五月人形

カテゴリ : 5月 (皐月) , 風物詩  タグ :

端午の節句は、鎧、兜、子ども大将飾りなど五月人形を飾ります。
五月人形も、ひな人形と同じように、地域によって飾り方が異なります。地方では、「段飾り」、都市部では「平飾り」が中心です。

五月人形のしまい方は、ひな人形とほぼ同じです。しまう時期は五月の中旬までを目途にして、晴れた乾燥した日を選びます。さび防止と、手指の汚れや油ををつけないため、取り扱いには手袋を使いましょう。

 タグ :

続きを読む

ページ先頭へ